2020年07月03日

ヘモグロビンA1Cがさがりダイエットにも成功

はつらつ堂 の 八酵麗茶 で ヘモグロビンA1Cがさがりダイエットにも成功 したので紹介したいと思います。八酵麗茶 やせる ことができた私の体験で 八酵麗茶 を試すのに躊躇している方の1歩になればうれしいです。

私は、5 年前に夫を亡くし夫婦で営んでいた洋食店を閉店してからというもの、忙しかった毎日が 180 度ガラリと変わりました。外に出て何か運動をする気にもなれずに、家の中にこもているうちに、あれよあれ、と体重が増加し困っていました。
体を動かさずに食べていれば太るのは当たり前です。

足の違和感とこむらがえりの症状も治まった


5 年前に夫を亡くし夫婦で営んでいた洋食店を閉店してからというもの、忙しかった毎日が180度ガラリと変わりました。外に出て何か運動をする気にもなれずに、家の中にこもているうちに、あれよあれ、と体重が増加。

気づくと 68 kg まで太って、血糖値も上昇。2年前には、ヘモグロビンA1C が 10.7 にまで上がったのです。高血糖のせいなのか、そのころはひざから下の皮膚に、素足でも何か一枚履いているような違和感がありました。
これは、糖尿病の典型的な症状だと思いました。

こむら返りがたびたび起きるのも不気味で、このままではインスリン注射が必要になるのでは?と焦りました。そこで望みをかけたのが、糖尿病退治に絶好と聞いたテンペ菌発酵の『八酵麗茶(はっこうれいちゃ)』。大きめのマグカップで、1 日 3 度の食前に飲むことにしました。食前に飲んで食事をすれば血糖上昇やヘモグロビンA1Cの上昇を抑えることができると聞いたので私もそのとおりに飲みました。

病院の薬を飲んで食事制限に取り組んでも、血糖値の変化は一進一退でした。けれども テンペ菌発酵薬草茶 『 八酵麗茶 』 を飲むうちに、定期検査のたびに医師から「とてもいいですね! 」とほめられるように。これにはとても驚きました。

同時に体重も減ってきて 8kg 減の 60 kg までトントン拍子にやせました。

そしてついに、先日の検査ではヘモグロビンA1C が 6.3 まで下がりました。

このくらいで安定していればインスリン注射は当然必要ありませんし、合併症の不安もなしと聞きます。実際、足の違和感も退散しており、足首のまわりにそういえばそんな感じがあるかな?という感じです。

ヘモグロビンA1C が落ち着いたおかげで、おやつのおせんべいを食べるのも安心。そして、テーブルのかたわらには、いつも 1 日分のテンペ菌発酵の『八酵麗茶(はっこうれいちゃ)』をドンと置いています。うっかり飲み忘れをすることがないように、目に入る場所にいつも置いているんです。でも、やっぱり忘れてしまう日もあるので気を引き締めなければいけないと思っています。

八酵麗茶 はこちら

八酵麗茶
posted by テンペ菌発酵茶 at 02:04 | Comment(0) | 八酵麗茶 使用感
2016年09月16日

ヘモグロビンA1C 下がった 食べたらすぐに飲む

はつらつ堂の 八酵麗茶 を 食べたらすぐに飲むを続けて 1 ヶ月で ヘモグロビンA1C 下がり が正常値に なったので紹介します。私が糖尿病になったのは 40 代後半のころ。母や母の兄弟 4 人も糖尿病なので、確実に遺伝だと思います。今から思えば、仕事で帰りが遅くなるため、「夜遅くに食べて、すぐ寝る」という生活を続けていたのも糖尿病の大きな要因になっていたと思います。また、もともと脂質の多いおかずや糖質の多い炭水化物が大好物で夜遅いのに、摂生しないで食べたいだけ食べていたのはよくなかったと反省しました。


糖尿病を発症したころ、母は合併症で腎臓を悪くして、人工透析を受けていました。その姿を見て「これだけは避けたい」と思い、糖尿病専門の病院に通い始めました。母は、人工透析をするたびに体が弱っていくのをすぐ近くで見ていたので糖尿病の合併症である人工透析にはとても恐怖感がありました。


高血糖だとわかって、最初は食事療法、運動療法、薬物療法を受けました。でも「薬は効かない」と言われて、途中からインスリン注射に切り替えることになりました。

主治医は薬よりもインスリン注射のほうが膵臓に負担をかけない、と言いますが、母の闘病を見ていた私は、「いよいよインスリンか」とがっかりしました。それで「これでインスリンから脱出できるなら」と、「 テンペ菌発酵の薬草茶 八酵麗茶 」を飲んでみることにしたのです。八酵麗茶でヘモグロビンA1Cが下がった、血糖値が下がった、やせることができたという患者さんの生の声が紹介されていたので、きっとよくなると信じていました。

食べたら飲む、食べたら飲むという感じで 1 日 1.5 リットルぐらいは飲みました。すると 8 % ぐらいあったヘモグロビンA1C  の数値が 1 ヶ月で 6.5  % に下がったのです。薬を飲んでも、こんな数値にはならなかったので、本当に驚きました。飲み続けると、翌月には 6.0 % に、3 ヶ月目にはは 5.8 % になりました。おかげでインスリンの畳も減らせました。おまけに体脂肪もコレステロールも下がり、体重も減ってうれしいです。



八酵麗茶


posted by テンペ菌発酵茶 at 11:29 | Comment(0) | 日記
2016年09月15日

インスリンで下がらなかった高血糖がが原因で足の神経障害まで出たが回復

はつらつ堂の 八酵麗茶 を飲んで インスリンで下がらなかった高血糖がが原因で足の神経障害まで出たが回復 したので紹介します。今から17年前、私は職場の給食センターで倒れ、意識不明の状態になりました。それまで病気などしたことがなかったので自分でも驚きましたが、医師に「高血糖と脂質異常症です。気をつけるように!」といわれました。


家内には、命の危険もあると言われたそうです。


でも当時は50代半ばとまだ若く、それほど気にしなかったのです。お酒は飲みませんが、脂の多い肉やコロッケが好きで、甘いものも大好き。和菓子、洋菓子、スナック菓子など何でも食べ、これといった運動もせずに過ごしていました。

ところが仕事中にまた意識をなくして、同じように倒れて運ばれてしまいました。


自転車通勤中に、舗装された道路を走っていたはずなのに、ふと気づくと草むらを走っていたことも。また足に神経障害も現れて、針で刺されるような痛みがあり、手術をしても杖が必要な状態になってしまいました。


会社を辞めて治療に専念しましたが、インスリン注射をしてもヘモグロビンA1Cは8.9% と高いままでした。


「インスリンでも下がらない血糖をどうしようか?」と悩んでいたときに、出会ったのが「 テンペ菌発酵の薬草茶 八酵麗茶 」です。
最初は、お茶で血糖値が下がるのだろうか?と全く信用していませんでした。

そしてうれしいことに「 テンペ菌発酵の薬草茶 八酵麗茶」を飲み始めたら8.5%、8.0%、7.8% 、7.7%と毎月数値下がったのです。同時に体重も2kg減り、朝の目覚めもすっきり。「 テンペ菌発酵の薬草茶 八酵麗茶 」はもう必需品!ずっと飲み続けたいと思います
posted by テンペ菌発酵茶 at 08:56 | Comment(0) | 日記
2016年09月14日

ヘモグロビンA1Cが15%越えで緊急入院、テンペ菌発酵の薬草茶のおかげで血糖降下剤、インスリン注射も減量できた

今、振り返ってみると、若いころから脂っこい食べ物とお酒が大好きでした。仕事が肉体労働だったので、量も日人に比べてもたくさん食べていました。
また消防団の付き合いで、お酒を飲む機会も多かったのです。高血糖になったのは、そうした生活の積み重ねだったことは否定できません。

急に体重が減るし、やたらのどが渇くので、自分でも「これはおかしいな」と検査を受けたところ、食後血糖値が337mg/dl、ヘモグロビンA1Cは、15.5%でした。
検査後、すぐに緊急入院となりました。

病院では食事療法とインスリン注射を受けて、「退院まで3ヶ月は最低必要」と言われました。私は農業をしているので、体が資本です。一番下の子は当時小学4年生で、まだまだがんばって稼がなければ、早く糖尿病を何とかしなければと、入院中も気が気ではありませんでした。

病院での味気のない食事もつらく、早くよくなっておいしい食事を食べたいとも思いました。それで「テンペ菌発酵の薬草茶」を入院中から飲み始めたのです。
薬との併用でも心配ないというので安心して飲むことができました。

量は1日1.5リットル朝起きてすぐに1杯飲みます、食事中にも飲みます、のどが乾いたときにも飲みます。と水分補給はすべて「テンペ菌発酵の薬草茶」にしました。

おかげで1ヶ月後には血糖値93mg/dl、ヘモグロビンA1Cは6.8%に改善し、すぐ退院。以来飲み続けて、もう5年。現在は血糖値116mg/dl、ヘモグロビンA1C 5.6% で薬もインスリン注射からも離脱できました。
薬からの離脱には4年半ほどかかりましたが、毎日、テンペ菌発酵の薬草茶を飲むとおもしろいように血糖値が下がるのでとても嬉しかったです。
posted by テンペ菌発酵茶 at 09:53 | Comment(0) | 日記
2016年09月12日

インスリンで低血糖になり救急搬送されることもあったけれど今は大丈夫

はつらつ堂の 八酵麗茶 を飲んで インスリンで低血糖になり救急搬送されることもあったけれど今は大丈夫 になったので紹介します。学生時代からの友人と旅行したときのことです。私の異常なのどの渇きに加え、トイレが近かったりするのを見て、友人が「もしかしたら糖尿病じゃない?」と言うのです。友人の仕事は看護師さんなので、私もはっとしました。

それで念のためにと、受診してみると「糖尿病です」でした。


まだ40代でしたし、「まさか、私が」と耳を疑いました。糖尿病の家族は1人もいないし、当時の私は子育てに家事に畑仕事で忙しく、のんびりとテレビを見る暇もないぐらい、体を動かしていたのですから。


もともとやせていたので、周囲の人にも驚かれました。主人は体格がよいので、「ご主人のほうが糖尿病なんでしょ」と誤解する人もいたぐらいです。

ただ、そう言われてみればそのころ、1週間で5kgも体重が減ったこともありました。当時のヘモグロビンA1Cは13%でした。 すぐにインスリン注射での治療が始まりました。

インスリンを打つと血糖値は、嘘のように下がります。でも数値には波があって300mg/dlの日もあれば、50mg/dlの日もあるのです。そのため低血糖も起こしやすく、救急車で運ばれたことも3度あります。


それで血糖値を何とかいい数値で安定させたいと「 テンペ菌発酵の薬草茶 八酵麗茶 」を飲み始めました。3ヶ月ほど飲むとヘモグロビンA1Cも血糖値も安定して、低血糖を起こさなくなったのです。以来ずっと「テンペ菌発酵茶」を飲み続け、現在のヘモグロビンA1Cは7.5% で安定しました。あれほど安定しなかった血糖値がテンペ菌の発酵茶を飲み始めたら安定するようになったのです。

今では、800 CC を1日に必ず飲むようにしています。
posted by テンペ菌発酵茶 at 10:05 | Comment(0) | 日記