2016年09月11日

飲み始めて3ヶ月でヘモグロビンA1Cが下がり、体重も10kg減

私は、とんかつ、あじフライ、エビフライ、天ぶらなどの揚げ物が大好き。こうした食生活のせいで、定年退職時には、血糖値が160mg/dl になっていました。さらにのどの渇きにも悩まされるように。

ちょうどそのころ、糖尿病で困っていた知人が、「テンペ菌発酵の薬草茶を飲んで改善した」という話を妻が耳にしたので、当時の私は、「糖尿病にいい」というものならワラにでもすがりたい思いでした。

それで早速「テンペ菌発酵の薬草茶」を試したのです。毎日薬草茶を自分で作って、朝昼晩と1日3回、400ccサイズのマグカップになみなみと注ぎ、飲み続けました。

すると3ヶ月後には、もう効果が現れました。ずっと右肩上がりだった血糖値が改善し、徐々に安定してきたのです。そこで私は「もう大丈夫だろう」と安心して、薬草茶を飲むのを止めてしまいました。でも、これが大失敗でした。

次の検査では、血糖値232mg/dl、ヘモグロビンA1Cは9.6 % に上がってしまいました。猛反省した私は、また以前と同じペースで「テンペ菌発酵の薬草茶」をしっかりと飲みました。

2ヶ月の血糖値は144mg/dl、ヘモグロビンA1Cは8.2% に。その後もヘモグロビンA1Cは7.6 % 、7.2% 、6.9% 、6.5% と測るたびにダウン! 贅肉も消え、体重も10kg減らせました。

血糖値が下がって安定してくると、体重もゆっくりですが減ってくるのはとても不思議でしたが糖尿病は、血糖値を下げてその下げた値をキープすることがどれだけ大事かよくわかりました。
血糖降下剤も、来月から減量できそうでテンペ菌発酵茶には感謝です。
posted by テンペ菌発酵茶 at 18:29 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: