2016年09月15日

インスリンで下がらなかった高血糖がが原因で足の神経障害まで出たがテンペ菌の発酵茶で下がった

今から17年前、私は職場の給食センターで倒れ、意識不明の状態になりました。それまで病気などしたことがなかったので自分でも驚きましたが、医師に「高血糖と脂質異常症です。気をつけるように!」といわれました。

家内には、命の危険もあると言われたそうです。

でも当時は50代半ばとまだ若く、それほど気にしなかったのです。お酒は飲みませんが、脂の多い肉やコロッケが好きで、甘いものも大好き。和菓子、洋菓子、スナック菓子など何でも食べ、これといった運動もせずに過ごしていました。

ところが仕事中にまた意識をなくして、同じように倒れて運ばれてしまいました。

自転車通勤中に、舗装された道路を走っていたはずなのに、ふと気づくと草むらを走っていたことも。また足に神経障害も現れて、針で刺されるような痛みがあり、手術をしても杖が必要な状態になってしまいました。

会社を辞めて治療に専念しましたが、インスリン注射をしてもヘモグロビンA1Cは8.9% と高いままでした。

「インスリンでも下がらない血糖をどうしようか?」と悩んでいたときに、出会ったのが「テンペ菌発酵の薬草茶」です。
最初は、お茶で血糖値が下がるのだろうか?と全く信用していませんでした。

そしてうれしいことに「テンペ菌発酵の薬草茶」を飲み始めたら8.5%、8.0%、7.8% 、7.7%と毎月数値下がったのです。同時に体重も2kg減り、朝の目覚めもすっきり。「テンペ菌発酵の薬草茶」はもう必需品!ずっと飲み続けたいと思います
posted by テンペ菌発酵茶 at 08:56 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: